FC2ブログ

言論封じ!自民党・公明党の横暴は、国も地方も体質は同じ!

県議会

抗議する三野議員

香川県議会最終日(7月14日)に、討論・採決が行われました。
その中で、意見書の取扱いについて、ハプニングが起こりました。
先に、社民党・県民連合、民主党、共産党の共同提案による安保法制を廃案にする意見書案を議会事務局に提出しました。その後、自民党・公明党の共同提案による安保法制の早期制定を要望する意見書案が提出されました。【提出締め切りは、最終日の2日前の17時(10日の17時)土日を挟むので】です。実際は、自民党案は、項目だけ議会事務局に通告していて、案文は締め切り後に提出されたようです。
本来、議会前に、議会運営委員会で議論して、議事順序や運営は決めるべきですが、今回の意見書の順番、一事不再議の件は、自民党が事前に会派間の調整もせずに、いきなり議会運営委員会で5対1で押し切りました。(自民5、社民1)
しかし、この議会運営委員会で、二つの意見書がぶつかった時の対応について、明確な説明もなく、根拠も示さず、強引に押し切りました。どこに、根拠があるのかというのは、議会が終了してから、十河議会運営委員会委員長が、地方議会実務講座に記載されている文章をコピーしてきて、これが根拠だというわけです。
問題点は、
①自民党の示す根拠は、あくまでも、学説であって、香川県議会で決めたものではないこと。
②その学説にも、一括議題にして、両方の提案理由の説明をしてから、採決については可決見込み意見書から採決するということも可能である。
③否決見込みの意見書案から採決する方法もある
と記載されています。
高田議員の提案理由の説明は、させても良いという内容が記載されているわけです。
それをいきなり、一事不再議を持ち出して、言論封じを行ったわけです。
要するに、議長判断で、どのようにでもできる内容だったわけです。
反対意見を表明する機会を奪い取る多数会派の横暴以外の何ものでもありません。
この間、意見の違いはあっても、議会運営は円満に進めるという慣例や先例があったわけです。これでは、事前の会派連絡会というのも何の意味がありません。
アリバイ工作にしかすぎません。

昨年まで、私が議会運営委員でしたが、今期から交代したため、残念ながら対応できませんでした。私であれば、明確な根拠を示されるまで譲るつもりありませんし、休憩を申し入れたり、議長不信任案を出すことも考えられました。幹事長としてもっと掘り下げて対応すべきだったと反省しています。何せ、一事不再議は昭和42年以来の出来事らしいです。
高田議員には、提案理由の説明づくりを夜中の3時までしていたことを考えると申し訳ない気持ちでいっぱいです。
今回の出来事は、議会事務局の不手際もありますし、自民党議員会の強硬派の意向が強くにじみ出た出来事でした。
自民党議員の中には、後から、「三野さん、どうなっとんたんなぁ~」「私らは蚊帳の外やからなぁ~」と、もっと円満に議会運営はなされるべきとの声を聞きましたが、後から言う前に、先に言えと言いたい。

ネットワークだより29号掲載!

IMG_20150306_0011.jpg左の写真をクリックしてください。全ページが見られます。
遅くなりましたが、県政報告ネットワークだより29号を掲載しました。
実は、1月に出来上がっていたのに、Webに載せるのをさぼっていました。

久しぶりのブログ!11月県議会で一般質問を!

1411ippann.jpg写真をクリックすれば、録画中継になります
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
久しぶりのブログです。
昨年は、11月に父親の緊急入院や介護で大変でしたが、消防の救急の方や病院の方、ケアマネジャー、ソーシャルワーカー、介護施設、訪問看護の皆さんのチームワークのおかげで、何とか父親が在宅で生活ができるようになりました。
まだまだ、大変ですが、少し落ち着いたので、ホームページやブログに投稿します。
12月7日に11月県議会で久しぶりの一般質問をしました。
期数の少ない若手議員に質問回数を優遇するという慣例で、質問回数が減りました。
支持者から、「たまには質問しないと元気なのかと心配するが・・・」という声をいただきました。
今任期中、最後の一般質問になる予定なので、私のライフワークである地方財政、県財政運営を中心に質問しました。
知事にとっては、耳の痛い話になったと思いますが、真摯に受け止めていただき、県財政運営を少しでも健全な方向に導いていただきたいと思います。
質問項目
1 財政運営
(1)11月補正予算
(2)財政調整基金
(3)県債管理基金
2 旧県立中央病院の跡地利用

※質問の内容・答弁は、こちらをクリックhttp://www.mino-jimusho.com/html/1411ippan.pdf

貯金取崩し額、158億円減少!

DSC_0160.jpg

昨日(3月13日)、H25年度の最終調整の追加補正予算が上程されました。
本日の新聞記事のとおり、貯金の取崩し額が、当初予定していた額より158億円縮小されました。
株式配当や譲渡利益による税収の伸び、10月からの職員の賃金カットの上乗せ額23億円の浮き、
地方交付税が当初予定より36億円の伸びで、一般財源が伸びた影響です。
さらに、借金も当初予定より、90億円減少されました。
私が総務委員会の質問で主張していた
「税財源が伸びた時こそ、借金を減らしたり、貯金をして、困った時に貯金を取り崩す」

という財政の基本原則を聞き入れてもらいました。

やっぱり、言わなければダメ。
これからも頑張るぞ!笑顔良し!
友達が似顔絵を描いてくれました。似てるかな?

平等取扱いの原則!県職員採用 総務委員会で質問!

2014年2月28日香川県議会総務委員会(総務部関係)において、先の代表質問で、
「地元大学採用枠の確保の県内企業への働きかけや県職員採用の枠の確保は難しい。」と答弁があった件について質問しました。
私は、UJIターンの採用枠があるのだから、地元大学採用枠があってもいいのではないかと単純に考えたわけです。
(私は単純ですから……これが県民目線と思っています)
平等の原則に抵触するからダメとのこと。それじゃ、何故、UJI採用枠は良いのかとの疑問?
UJIターンの採用枠は、
①過去の行き過ぎた行革により、中年層の人員構成がいびつになっているのを是正するため
②民間経験のノウハウを行政分野でも活かすため
③県外の7年以上民間経験者のUターンを促し、人口減少対策に活かすため

①と②は理解できます。しかし、③は、結局は、定数内で行うものですから、競争試験の枠が減るだけであり、
その減った分で採用されなかった方は、県外へ就職すれば、結局同じことで、意味がないと考えます。
さらに、7年以上の県内民間経験者は県職員試験を受けられない!
これこそ、平等の原則に抵触するのではないか?

平等の原則を答弁で大手振って答えるなら、①と②に限定して、県内の民間経験者にも受験の機会を与えるべきではないか。もっと、知恵を出せ。
さらに、①②のためであれば、客観性や妥当性の視点から、この採用枠を増やし続けることの方が、平等の原則に抵触するのではないかと考えます。

とりあえず、私の指摘を受けて、試験の中身は検討していくという答弁は引き出しましたが……

1402soumusoumu.jpg 画像をリンクすれば、録画中継が見られます。

平等の原則における県職員のUJIターン型採用のあり方
(1)行政事務職員採用枠の拡大の懸念
(2)競争試験との試験内容の大幅な違い
(3)7年以上の県内民間経験者が受けられないという不平等
プロフィール

三野やすひろ

Author:三野やすひろ
 ようこそ!! 下記リンクから
 ホームページも閲覧できます

リンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード