9/24.25 環境建設委員会で質問!

 9月24日の環境森林部関係では、
 1 県産木材を利用した住宅建設
 2 里山の保全
 3 個人住宅への太陽光発電の設置補助
を質問しました。

 9月25日の土木部関係では、
 1 公共事業における維持管理への取組み
 2 都市河川の維持管理の現状と今後の対応
 3 小中学校耐震化における市町への技術支援
 4 国直轄事業負担金に係る国からの説明と過年度分の返還請求
を質問しました。
 詳しくは、香川県議会インタネット中継の録画中継をご覧ください。
 
  http://takatanz.exblog.jp/でも見られます

第24回自治総研セミナーに参加!

自治総研セミナー
 9月県議会の合間を縫って、第24回自治総研セミナーに参加してきました。 
 このセミナーは、私の弟(三野 靖)が、香川大学法学部教授に就任する前に、5年間研究していた(財)地方自治総合研究所が主催するセミナーで、かなり高度な話が聞ける場です。
 毎年、9月県議会と重なるため、参加できなかったわけですが、今回は議会の合間を縫って、弟と一緒に参加してきました。
 このセミナーの中で、特に印象深かったのは、前研究所所長である今村 都南雄 中央大学法学部教授の講演でした。
 「民主党政権になったが、地方分権は進まないであろう」「せっかく取った政権であるから、自らの権限を弱めるような地方分権はやらないだろう」、なるほどと考えさせられました。
 また、この総選挙において、「地方分権」があまり争点にはならなかったわけです。
 あまりにも国民生活の破壊が著しく、「子ども手当て」「農業所得保障」など、国民生活に直結する課題が大きなテーマになり、中央集権的な発想にしかならない面があったのは、仕方ない状況だったと言われていました。
 また、民主党のマニフェストには「地域主権」とありますが、主権は、国家や地域にあるのではなく、国民、住民にあることを忘れられて、この「地域主権」という言葉が使われているのは、憲法感覚からしてもおかしいと指摘されていました。住民から信託を受けて代表する議員は、このことを忘れてはいけないと考えさせられました。
 新政権は、国直轄事業の地方負担金の廃止、ひも付き補助金を廃止し、地方が自由に使える一括交付金の創設など、地方分権の中の財源部分の方向性について、分権的な発想による基本的な考え方を示したことは大いに評価できると思います。
 今後、地方分権改革推進委員会の第3次勧告の上書き条例などの権限の移譲と第4次勧告の税財政論議などの具体的な課題に注視していかなければなりません。
 今回のセミナーのテーマーは、「目指すべきは『分権型社会』にとどまらない『自治型社会』である」ということでした。私たち地方自治に携わるものとしては、他人まかせの地方分権の推進にのみに、うつつを抜かしてはならないことを肝に銘じる必要があると思いました。

早朝駅頭チラシ開始!

駅頭チラシ 
 今年の夏は、衆議院選挙の応援で、特に暑い夏でした。 顔は日焼け止めクリームを塗っていましたが、真っ黒になり、腕は何回も皮がむけました。
 予想どおり政権交代を成し遂げました。私も応援してきた1区の小川さん、2区の玉木さんが当選を果たし、良かったです。選挙中の2人には勢いがあり、勝てる予感がしました。
 一方、我が同志の「まいだ晴彦氏」は、厚い保守地盤に阻まれ、勝利できず、残念でなりません。 彼は、立候補決意してから1年9ヶ月間、ほとんど毎日早朝駅頭に立ち、精根尽き果てるまで頑張ってきた姿を目の当たりにしているだけに、勝たせたかったです。捲土重来を期してほしい。
  しかし、小選挙区制度の恐ろしさを改めて感じさせられました。
  大勝利を収めた民主党には、「おごらずに政権運営をしてもらいたい」ものです。自公政権の負の遺産が多いだけに、舵取りはむずかしいでしょう。あせらずに、一つ一つ改革していただきたいし、私たちも、しっかりと監視していかなければ、4年後には、逆の結果になる可能性があります。
  9月県議会も14日から開催されます。 中央と地方がねじれ現象の中で、執行部の対応、自民党の対応が注目されます。
 いずれにしても、民主党を中心とした政権になったことで、地方分権は進んでいくと考えます。しかし、どんな形で進むのかが大事であり、私も地方議会の中で議論を巻き起こし、真の地方分権が進むよう、微力ですが頑張っていきたいと思います。
  さて、衆議院選挙の関係で延ばしていました『6月県議会報告ネットワークだより19号』の配布を9月3日の早朝駅頭チラシから開始しました。
  しかし、14日から9月議会が始まるので、配布期間が短く、十分に配布できないと思います。 ホームページでも見れますので、ご覧いただければ幸いです。
  また、9月議会に向けて質問づくり、この間、現場で聞いた意見をもとに、政策提言をしていきます。



プロフィール

三野やすひろ

Author:三野やすひろ
 ようこそ!! 下記リンクから
 ホームページも閲覧できます

リンク
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード