FC2ブログ

「国直轄事業負担金」で、三野県議が指摘!

記者会見1 記者会見2
 3月17日に県政記者室で記者会見をする三野県議(左写真)と同僚の社民党・県民連合会派議員(右写真)

国の庁舎新築移転費用の3分の1
7億円を香川県にこっそり負担させる
          三野県議の指摘で明らかに!


 新聞報道でも明らかになったように、県が負担している国直轄事業負担金の中に、3年間で国土交通省四国地方整備局香川河川国道事務所(高松町)が、旧四国整備局跡地(福岡町)に新築・移転するための費用20億円のうち7億円を県に負担させようとしていたことが、三野県議が20年度2月補正県予算の分析をしていた過程で判明しました。三野県議の指摘に対して、国や県は、「工事に付帯する現場工事事務所なので県に負担を求めることができるので問題ない」と言っていますが、それなら何故、当初の事前協議の場で、移転・新築費用として内訳を示さず、他の事業費にこっそりと営繕費を潜り込ませるような手法を取ったのでしょうか。
 国も、香川河川国道事務所は、現場工事事務所とは言い切れない不安があったので、作為的に事業費に盛り込ませていたと推察できます。
国の香川河川国道事務所は、県で言えば、高松土木事務所のようなもので、四国整備局の出先機関で、普段は国の職員の執務室です。香川河川国道事務所には、土器川出張所、善通寺国道維持出張所、高松国道維持出張所があることからも、どう考えても現場工事事務所ではないと思います。

続きがありますので、下の「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む

プロフィール

三野やすひろ

Author:三野やすひろ
 ようこそ!! 下記リンクから
 ホームページも閲覧できます

リンク
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード